6月15日(金)

|

立命館東京キャンパス

保育園の意味の転回 ─レッジョ・エミリア教育を日本でリ・デザイン

ゲスト:松本理寿輝(ナチュラルスマイルジャパン株式会社代表取締役社長)  /オーガナイザー:安西洋之・八重樫文 /参加費:¥5,000 /定員50名

受付を終了しました
他のセミナーを見る
保育園の意味の転回 ─レッジョ・エミリア教育を日本でリ・デザイン

日時・場所

2018年6月15日 18:00 – 20:00

立命館東京キャンパス, 東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー8階

セミナーについて

レッジョ・エミリア教育とはイタリアのレッジョ・エミリア市で1960年代に誕生した幼児教育のアプローチです。アートを重視することで、子どもの人生にたくさんの選択肢をもたせよう、というのです。やっぱり多様性というのはしぶとい強さを作ってくれるのですね。レッジョ・エミリアという街を生きやすい場にするために生まれたのですが、これが1980年代あたりから世界に広がりはじめ、今や100か国以上に普及しています。ナチュラルスマイルジャパンの松本理寿輝さんも、大学生時代に「これだ!」と思ったようですが、彼の「まちの保育園」はレッジョ・エミリア教育をリ・デザインし、保育園を地域のハブにしています。2回目は松本さんに愛を尋ねながら、子どもの人生などもろもろのデザインについて聞いてみましょう。

松本理寿輝さんは一橋大学の在学中に幼児教育やレッジョ・エミリア教育に関心をもったようです。「まちぐるみで子どもを育てたい!」と。が、まずはビジネスの世界をしるために博報堂に入ります。その後、教育とは関係のないビジネスを起業して経営する感覚を身に着けます。こうして満を持すカタチでナチュナルスマイルジャパンの第一号保育園を練馬区小竹向原に。その次は六本木、武蔵野市、代々木上原、代々木公園内と次々に開園しています。尚、同社はレッジョ・エミリア教育センターの日本のネットワーク拠点になっています。著書に『まちの保育園を知っていますか(小学館,2017)』ほか。

参加費

価格

数量

合計

  • 6/15セミナー参加チケット

    ¥5,000

    [キャンセル料について] 6/15を起点に: ◇連絡なしの不参加→参加費の100% ◇3日前〜当日のキャンセル→参加費の100% ◇それ以前のキャンセル→参加費全額返金(ただし、お申し込み決済および返金手続きにより発生する手数料(504円)をご負担いただきます。) キャンセルの場合はcontact@dml-ritsumei.jpまでメールにてご連絡ください。 

    ¥5,000

    0

    ¥0

合計

¥0

このセミナーをシェア